意外と知らない?災害用伝言サービス活用法

スポンサーリンク
困ったときは災害用伝言サービスを活用しよう! 消防
困ったときは災害用伝言サービスを活用しよう!
スポンサーリンク

地震などの大きな災害が発生すると、被災地への電話が殺到し、回線が大混雑することによって、電話がつながにくくなります。東日本大震災の直後も、携帯電話事業者によっては、最大で平常時の約50~60倍以上の通話が一時的に集中したと言われています。

パパ
パパ

僕は消防士なので、災害が起きたら家に帰ることはできません。

会社勤めの皆さんも仕事中に災害が起きたら、家のこと心配ですよね。

災害が起きても家族に電話がつながらない…

そんなとき家族の安否確認どうしますか?

スポンサーリンク

災害用伝言サービスとは

忘れていない(171)災害用伝言ダイヤル 伊勢市HP

震度6以上の地震が発生した場合に、発生後30分後を目安に開設され、被災地から電話やインターネットを使って安否確認の伝言を登録・確認できるというサービスで、登録された情報は全世界から確認可能です。

パパ
パパ

利用している携帯電話のキャリアに関わらず利用することができます。

災害用伝言サービスの特徴

音声メッセージ、電話、インターネット、モバイルサイトの4つのサービスを紹介します。

サービス名 デバイス 運営会社
災害用音声お届けサービス 携帯電話 携帯電話3社
災害用伝言ダイヤル(171) 固定電話

NTT東西

NTTコミュニケーションズ

災害用伝言板(Web171) 携帯電話・パソコン NTT東西
災害用伝言板 携帯電話 携帯電話3社

災害には備えが必要なので、ぜひとも覚えておいてください。

パパ
パパ

家族の安否が確認取れないと自分が負傷するより何十倍も精神的にダメージが来ます。

災害のない今は面倒くさがらずに備える時期です。

備えあれば患いなし(`・ω・´)ゞ

災害用音声お届けサービス

携帯電話から録音したメッセージをパケット通信で相手に送ることができます。

  • 他社のものを含めた携帯電話、PHSとの間で相互にやりとりが可能
  • スマートフォンでもフィーチャーフォン(ガラケー)でも使える。
  • 1つの伝言で30秒の時間制限あり。
ママ
ママ

携帯電話からの音声メッセージで安否確認ね!

災害用伝言ダイヤル(171)

「171」をダイヤルすれば、ガイダンスに従って操作できます。

  • 固定電話と携帯電話の両方で登録・確認ができる。
  • 公衆電話からも利用できる。
  • 1つの伝言で30秒の時間制限あり。
ママ
ママ
電話を使って安否確認する場合ね!

災害用伝言板(web171)

携帯電話、パソコンから文字で安否の登録・確認ができます。

ママ
ママ

インターネットで安否確認する場合ね。

  • 選択式の「安否」と100文字以内のコメントを登録できる。
  • 登録したことをメール(10件)や電話(1件)で通知することができる。
  • MVNOの端末からも登録できる。

ご利用はコチラから 災害用伝言板(web171)

災害用伝言板

携帯電話から文字で安否を登録・確認できます。

  • 携帯各社のモバイルサイトTOP及び専用アプリかた登録可能
  • 選択式の「状態」と100文字以内のコメントを登録できる。
  • MVNOなどの他社携帯電話やスマートフォン、パソコンから登録された情報を確認できる。

Q&A

Q:どのような場合に利用できるのですか?

A:大規模な地震の発生等により、被災地への電話がつながりにくい状況となった場合に利用可能となります。提供の開始や提供条件については、テレビ、ラジオ、インターネット等でお知らせいたします。

Q:災害時以外には利用できないのですか?

A:災害用伝言サービスは、災害発生時に電気通信事業者により自主的に運用されるものですが、以下の体験利用日に体験することができます。
・毎月1日、15日
・正月三が日(1月1日~3日)
・防災とボランティア週間(1月15日~21日)
・防災週間(8月30日~9月5日)
 
Q:利用するには事前に何か登録が必要ですか?

A:サービスの利用にあたっては、事前の登録は必要ありません。
 しかしながら、災害用伝言板(web171)については、下記URLから事前に利用者登録を行うことで、登録した内容をメールまたは電話(人工音声)にて自動的に通知することができるようになりますので、設定をしておきましょう。 災害用伝言板(web171)
 
Q:災害用伝言サービス間は連携しているのですか?

A:災害用伝言板、災害用伝言板(web171)は相互検索ができますが、災害用伝言ダイヤルと災害用音声お届けサービスはそれぞれ独立したサービスのため連携していません。


Q:どうして電話が混み合っている場合でも繋がりやすいのですか?

A:災害用伝言ダイヤルは、全国に分散されたシステムで運用されていて、電話が混み合っている地域(被災地)以外で伝言を預かるようになっているため、電話が混み合っていても繋がりやすくなっています。
また、災害用伝言板、災害用伝言板(web171)及び災害用音声お届けサービスは、電話(音声通信)ではなく、インターネット等(データ通信)で伝言の登録・確認を行っているため、電話が混み合っていても繋がりやすくなっています。


Q:災害用伝言サービスの提供は法令上の義務なのですか?

A:電気通信事業者に災害用伝言サービスを提供する義務は課せられておりません。

・災害用伝言ダイヤルはNTT東西及びNTTコミュニケーションズ

・災害用伝言板(web171)はNTT東西

・災害用伝言板及び災害用音声お届けサービスは携帯電話3社

 が自主的に運用しているものです。


総務省消防庁HPより

まとめ

聞いたことはあっても、実は意外と知らない災害用伝言サービスについて書いてみました。

有事の際に「あれやっておけばよかったな・・・」なんてたらればを言っても仕方ありませんので、何もない時こそやって置いた方がいいと思います。

これを機に一度はWebページでも開いてみてはいかがでしょうか。

一緒に読んでおきたい記事

コメント