【救助大会】勝ち残るためのメンタル術

スポンサーリンク
消防
救助大会勝ち残るためのメンタル術
スポンサーリンク

5月末の救助技術指導会に向けて熱い訓練が続いています。

成人して大人になっても、こんなに真剣に夢中になれることがあるって幸せだと思いますね。

さて、隊員の努力によって各種目で好タイムがでており、ベスト記録更新が続いています。

そんな、隊員たちも常に絶好調でいられるわけではありません。

時にはスランプもあります。

副隊長として下手なことは言わないように気を使っていますが、先日お気に入りの本の言葉を引用し、隊員たちにアドバイスしました。

その後、確実に隊員たちの表情が変わり、雰囲気が変わったの感じています。

引用した言葉はコチラ

「思考は現実化する」から引用

負けると思ったらあなたは負ける。
負けてなるものかと思えば負けない。

勝ちたいと思っても、勝てないのではないかなと思ってしまったら、あなたは勝てない。
負けるのじゃないかな、と思ったらあなたはもう負けている。
というのも、成功は人の考えから始まるからだ。すべてはあなたの心の状態によって決まるのだ。

自信がなければあなたは負ける。
上に登りつめるには高揚した精神が必要だ。
何かに勝つためには自信が必要だ。

人生の戦いに勝つのは、必ずしも最も強くて、最もすばしっこい人ではない。
最終的に勝利を収めるのは、「私はできる」と思っている人なのだ。

例え根拠がないとしても、

必ずできると自分に言い聞かせ続けることで、心の中に信念のようなものが芽生え自分を限りなく強く成長させることになります。

大会まで約2週間と体力的には疲れがたまってきている時期で、実際にケガをして訓練を休む隊員も出てきています。

僕は体育会系出身ですが、根性論は支持しません。

しかし、ここが難しいところですが、信念のような気持ちをしっかり持つことは絶対的に大切ですよ。

消防の仕事に勝ち負けはありませんが、救助大会で切磋琢磨することは必ず消防業務の糧になります。

パパ
パパ

隊員の皆さんケガの無いように

体調管理に気を付けて頑張ってください(。・x・)

コメント