筋トレしたら本当にモテます‼検証12年目

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

皆さんの筋トレ(マッチョ)に対するイメージはどうですか?

最近は身体を鍛えると言えば、ボディビルダーのようなゴリゴリの大男のイメージより、さわやかでカッコいいメンズフィジーク(競技のジャンル)の選手たちようなポジティブなイメージが優勢でしょう。

フィジークオンラインより
パパ
パパ

だれが何と言おうとカッコいいです‼

筋トレに対するイメージの変化は、ここ4年~5年くらいのことで、僕が筋トレにハマり始めた10年ほど前は筋トレに対してネガティブなイメージが多く、そもそも筋トレに対してイメージさえ持っていない人もいたり、とにかく不人気でした。笑

ササミや鶏胸肉やプロテイン(たんぱく質)の話を熱心に伝えても、ほとんど相手にしてくれませんでした。それが、今ではサラダチキンやプロテインドリンクがスーパーにも並ぶほどです。

僕の所属している古いジムの会員数も順調に増えており、日本のフィットネス業界も確実に盛り上がりを肌で感じます、フィットネス業界は高度成長期ですね。

スポンサーリンク

筋トレでモテたいのはみんな同じ

さて、筋トレを始める理由は人それぞれですが、 「モテたい」という気持ちは万人に共通しているのではないでしょうか。

パパ
パパ

モテたいとは言っても、

必ずしも下心が関与しているわけではありませんよ。w

マズローの欲求5段階説を基にして考えてみましょう。ビジネス書や自己啓発本に頻繁に登場する行動心理学のモデルです。

マズロー氏は、心の健康についての心理学を目指し、人間の自己実現について研究しており、欲求の5段階説を提唱しました。人間は、下のピラミッドの下から上に高度な欲を満たしていこうとするようです。

出典 pds.exblog.jp

生理的欲求:生きていくための欲

安全欲求:安心、安全を求める欲

社会的欲求:友人、家族など集団に関わりたい。集団に属したい欲

承認欲求:地位、名声など。外部から認められたいという欲

自己実現欲求:すべての欲を越え、理想の自分に近づきたいという欲

モテたいという気持ちは、承認欲求を満たしたいという人間の行動心理に他ならないわけです。

僕の実体験を紹介します。

僕は普段から筋トレする理由はモテたいからと公言していますが、それに対して、驚くほど両極端な意見を頂きます。

ポジティブな意見:正直、分かりやすい、よく言ってくれた。など

ネガティブな意見:下品、気持ち悪い、既婚者なのにモテてどうするの。など

初めはネガティブな意見に対して嫌な気持ちになったりしましたが、モテたい気持ち=承認欲求 であって人として健全であることが分かりました。そう思えるようになってから、あらゆるネガティブな意見がエンターテインメントに感じてきました。笑

実際にモテるのか?

これは本当に良く聞かれることなのですが、結論から言うと確実にモテます。

筋トレの理由が「モテたいから」と公言してきて、当初は誰も相手にしてくれませんでしたが、今は違います。

ビーチでこんなこともできちゃいます。笑

初対面の方からも「パパさんモテるでしょ?」と言われることが増えてきました。

実際は自分の実力意外にも、筋トレやマッチョに対する社会的地位が向上したからなのです、追い風ってやつですね。

ただ、難しいのはモテる・モテないの線引きは個人差がありますのでそこは各個人に寄り切りなのかなとは思いますが。他人にモテるでしょう?と聞かれて「モテます!サイコウヽ(o’∀`o)ノヤーン♪ 」とは非常に答えづらいのですが、実際に今の僕は確実にモテています。

初期

筋トレ初期は、はっきり言ってモテません。

なんでもそうですが、たった数週間で結果がでるなんて嘘です。理想の結果が出るまでにはある程度時間がかかります。それが普通と思っておいた方がいいです。

モテないから筋トレを始めたので当たり前なんですが、筋トレ初期のころは誰も何もコメントもしてくれません。とにかく筋トレをやっていると公言するのが恥ずかしいと思ったりする時期です。筋トレしていても、外見では全くわかりませんから本当に試練の時期です

しかし、筋トレは裏切りませんよ。

筋トレに限らずですが、適切に継続していけば必ずいい結果が付いてきます。

い換えれば、筋トレは継続さえすれば成功が約束された自己投資なんですね。

恥ずかしいですが、筋トレ初めのころの僕の写真貼ります。

消防学校入校時で、そのキツさから体重が73㌔→70㌔まで減った時期です。

なんのメリハリもない身体ですね、表情もゆるいです。当時は自分に自信がなくコンプレックスの塊でした。当然彼女も全然出来ません。

この現実を打ち破るために、グラビア誌を床に広げてビキニの女性を見ながら腕立て伏せに精を出していたのを思い出します。笑

ママ
ママ

こりゃ~モテないわ!

 

中期

筋トレをコツコツと継続して数年経過すれば外見にも変化が出てきます。筋トレに対するマインドも向上していて精神的な強さや自尊心が身についてくる時期でした。

身体に変化が出始めるので嬉しくて筋肉自撮り画像も沢山でてきました。笑

パパ
パパ

いや~当時のベストショットでしたが

今となっては未熟ですねm(;∇;)m

まだまだ未熟なので、筋トレなしで体格に恵まれた人に圧倒されたりと、まだまだ自分の未熟さを痛感する機会が多いのもこの時期です。

また、筋トレしていない親しい友人などから「何を目指してるの?」などイジリが増えてくる時期です。このイジリが増えてきたら、喜んでください。

周囲から一定の評価を得たということなので以前の自分よりレベルアップしたことに他なりません。

肝心なモテに関しては、時と場所に寄り切りという感じです。ビーチで脱いだらカッコいいでしょうが、他にも沢山すごい人は沢山いる感じです。

また、この時期には身体や表情からにじみ出てくるモテるオーラやフェロモンが出始める時期です。

パパ
パパ

丁度この時期に彼女ができて、

1年後に結婚することができましたヽ(o’∀`o)ノ

後期

ここまでくると、自分に対する自尊心がしっかり根付き、これまで筋トレで身体を作ってきたことで自信が生まれ表情にも出てきます。

色々なイベントや大会などでの露出も増えて、自分に対するニーズの高まりを感じるので身体を鍛えてよかったなと思えることが増えます。

また、これまで筋肉や筋トレをイジってきた家族や友人から応援されるようになりますし、周囲からトレーニングのアドバイスを求められたりすることが増えてきます。それに対して、自分の経験則に基づき回答できるので説得力もあり、尊敬の眼差しで見られます。

そんな自信に満ち溢れた男から出るオーラやフェロモンに惹かれるのでしょう。ついにモテが到来します。ここで初めて承認欲求の段階にいることを感じています。

モテたその先は?

パパ
パパ

いま独身だったらなーとか思ったこともありますが

タラれば言ってもしょうがないですね。笑

当たり前ですが、今の自分が有るのは嫁さんと

子どもたちのおかげなんですよね。( ゚∀゚)

ママ
ママ

☚( ◠‿◠ )

モテるために筋トレを始めた僕ですが、実際にモテたことを実感しても満足はしていません。これはアスリートが常に上を目指すのと同じで、僕だけに限ったことではないでしょう。

若い女性にモテるのは分かりやすいと思いますが、筋肉好きに年齢性別は関係ありません。男性でも筋肉好きな方は沢山いますし(いろいろな意味で)、超高齢の女性でも喜んでくれます。

また、保育園に子供を迎えに行くと、子供たちが「筋肉マッチョ~」と言いながら集まってきます。子供たちにチヤホヤされるのはシンプルに嬉しいです。

まとめ

筋トレや身体づくりには「モテ」以外に沢山のメリットがあるのは知っていると思いますが、今回は「モテ」にフォーカスして記事を書いてみました。

特別に僕の自慢話をしたかったわけではありません。 振り返ってみれば、モテるために筋トレを始めて、いつのまにかモテていたというのが本心です。実際に筋トレを始めて人生が良い方に変わった友人、知人を沢山知っています。

長くなりましたが、知っておいてほしいことは二つだけです。

  • 筋トレしても直にはモテない
  • しかし、確実にモテる時が来る。

その中でも、個人的に一番変わったのは心だと思います。当然ながら外見にもしっかり筋肉は付きますが、内面にもしっかりとした芯ができて強い男になったと実感しています。それこそがモテる一番の要因なのではないでしょうか。

これからも、モテたいと思う気持ちを持ち続けて筋トレに励んでいきたい思いマッスル(`・ω・´)ゞ

パパ
パパ

継続は力(こぶ)なり‼

おススメの書籍

筋トレのマインドはマッチョ社長に学ぶのが一番、とても読みやすい本なのでおススメですよ。

コメント