【軍用地】軍用地投資初心者におススメの書籍2選

スポンサーリンク
投資
スポンサーリンク

不動産投資の中でもニッチな位置付けである軍用地、他の不動産投資に比べても圧倒的に情報が少ないのが現状です。

インターネットで検索で関連記事は少しずつ増えてきましたが、軍用地投資に触れている本は数冊と言っていいでしょう。インターネットの記事よりは出版されている本の方が信ぴょう性が高い傾向にあります。

今回は全国的にはニッチな軍用地投資についての関連書籍を紹介してみたいと思います。

ママ
ママ

それでは行ってみましょう。

(○≧▽≦)ノ゚+。:.゚イッテコ~♪

スポンサーリンク

専門家が優しく教える! [軍用地投資]の教科書 扶桑社

仲里圭一氏の著書である軍用地投資の教科書です。

以前の記事でも紹介したことがありますが、軍用地投資に関して概要を知りたいならこの本を読めば間違いないと言っていいと思います。

この本の初版は、お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない!「軍用地投資」入門として出版されましたが、当時公務員だった著者が上司の許可を得ずに出版したと理由で自主回収になりプレミアがついたのは記憶に新しいですね。

その続編となる本書では内容がより一層わかりやすく、丁寧になっています。

前書が軍用地の歴史に始まり、他の投資との比較などにもしっかりと章を使って説明されていたのに対して、今回は軍用地投資を行うためのノウハウに特化しています。

なので、軍用地の背景など興味なく、軍用地投資に関するノウハウだけが欲しいという方に向けて執筆したような印象でした。

知らないと損をする!
約50年間、賃料&価格がずっと右肩上がりの
“究極のほったらかし投資”

軍用地のそもそもの成り立ちから、軍用地投資のメリットとデメリット、軍用地投資を始めるための基礎知識、販売情報の入手方法、購入までの手順、融資を活用した投資の拡大方法、軍用地を利用した資産形成術……。沖縄県外在住者でも誰にでもできる、再現性の高い方法を披露しています。

書籍紹介より

著書の中には本物の資料を使った具体的説明もあって、軍用地投資を行っている私が読んでも違和感のない内容でした。

元沖縄防衛局職員だった仲里圭一氏による著書によって我々庶民でもその概要が分かるようになってきました。非常にありがたいことです、 軍用地投資初心者の方には特に分かりやすい内容になっているので興味のある方は一読をおススメします。

また、同氏は沖縄県内、県外を問わず定期的にセミナーを開催しているようです。一度は参加してみましたが説明も分かりやすく、疑問にも気さくに答えて頂きました。元職場で関連業務に携わっていたこともあって、質問への回答がとても的確でした。コンサルティング業務で不動産の仲介などもされてるようなので、余裕があればコンサル受けてみたいですね。

ママ
ママ

投資の幅が広がると思いますよ。

Σd(≧ω≦*) グッ

宝島 講談社

さて、お次は軍用地投資に関して直接的な関係はありませんが、同じ沖縄の基地に関する本の紹介です。

読書好きな人には説明不要、第160回直木賞受賞作品の宝島 真藤順丈氏著 です。

 
真藤順丈氏 文春オンラインより

大賞受賞に伴って著者の 真藤順丈氏はテレビなどメディアに出演されていたので認知度が結構たかいかもしれませんね。

この本は戦後の沖縄が舞台の小説です。

米国統治の戦後沖縄で、怒りや悲しみ、無力感を抱える沖縄の風景が広がります。米軍基地内から物を盗み生きていた若者たち「戦果アギヤー」の生きざまが表現されていました。

著者の沖縄に関する下調べが非常に素晴らしく、基地や米軍人の多い地域で育った私も、本を紹介した母親(基地のある村で育った)も懐かしい様子で物語に吸い込まれました。思い出したように昔の戦果アギヤーだった近所のおばぁとのやり取りなども話してくれました。

本を読んでいる間は沖縄県内にある嘉手納基地(嘉手納飛行場)と隣合わせにあるコザの街がタイムスリップしたかのように伝わってきます。

文章は沖縄の言葉をそのまま文に落とし込んでいることもあって、ルビや言い回しにややクセがあり読みずらい部分もあります。(これは色々な書評にも書かれていました。)

この本を紹介した理由としては、沖縄や基地について無知な人が読んでも面白く読める本なので、軍用地投資で沖縄の基地情報について予備知識がある方はより一層楽しめるのではないかと思ったからです。

真島順丈氏はインタビューで沖縄問題を考えるきっかけになればいいと話していました。

未読の方は是非読んでみてください。

ママ
ママ

とにかく熱量のスゴイ本でしたね。(゚Д゚)

まとめ

軍用地投資は不動産投資の中のニッチな存在で、関連書籍もほとんどありません。

不動産投資本も結構読んでいますが、やはり軍用地投資とは勝手が違います。

今回は軍用地投資家で有名な仲里圭一氏の 専門家が優しく教える! [軍用地投資]の教科書 扶桑社真藤順丈氏の宝島  講談社 を紹介しました。

これが全てでは無いと思いますが、軍用地投資に関する本でおススメできる2冊の書籍を紹介してみました。

インターネットで必要な情報の99%は手に入る時代ですが、読書は知識の幅を広げるのにとてもいい手段なのでおススメですよ。

コメント